なぜ僕は農業を始めるのか?

0
    IMG_1905.JPG
    なぜ僕は農業を始めるのか?

    植村直己著「青春を山に賭けて」を読み返して気になったのでメモをしておく。と言っても、1971年の本文ではなく、1976年の文庫版のためのあとがきの一部だけれど。

    結局、というよりも、最初からわかっていたことかもしれないが、山は他人のために登るものではないのだと思う。誤解されても仕方ないけれど、山は自分のために登るものだと思う。誰からも左右されない、自分の意志ひとつで行動できる単独行であれば、それが人のためではなく自分のためであればあるだけ、すべてが自分にかえってくる。喜びも、そして危険も。
    私は五大陸の最高峰に登ったけれど、高い山に登ったからすごいとか、厳しい岩壁を登攀したからえらい、という考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。要は、どんな小さなハイキング的な山であっても、登る人自身が登り終えた後も深く心に残る登山が本当だと思う。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.18 Monday
      • -
      • 22:17
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:1401 最後に更新した日:2017/09/18

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM